中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > 抗体の働きとは?

抗体の働きとは?

未来ちゃん

Q抗体ってどんな働きがあるの?

ゲノム君1号

A抗体にはさまざまな働きがあります。抗体には異物(抗原)を分解する作用はありませんが、補体やマクロファージ、好中球などの貪食細胞を活性化して異物を排除します。
つまり抗体は、異物を認識して結合する働きと、免疫を担う細胞を活性化させて異物を排除する働きがあります。
抗体の働きを大きく分けると、異物(抗原)の中和作用、オプソニン化、細胞溶解、炎症の誘発の4つがあります。

抗体の働き(中和作用)の図 抗体の働き(中和作用)の図

 

抗体の働き(オプソニン化)の図 抗体の働き(オプソニン化)の図

抗体の働き(細胞溶解)の図 抗体の働き(細胞溶解)の図

抗体の働き(炎症の誘発)の図 抗体の働き(炎症の誘発)の図

ばいおまなぶ先生

目のかゆみなどの炎症は、抗体が異物から体を守るための反応なのじゃな。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

抗体の働きの動画を再生します

よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ