中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > 抗体医薬品とは?

抗体医薬品とは?

未来ちゃん

Q抗体医薬品ってなあに?

ゲノム君1号

A抗体医薬品とは、抗体を利用した医薬品のことです。
抗体医薬品は、がん細胞などの細胞表面の目印となる抗原をピンポイントでねらい撃ちするため、高い治療効果と副作用の軽減が期待できます。
病気の原因の組織で過剰に作られるタンパク質を抗原として認識して結合する抗体医薬品もあります。

抗体医薬品とは?の図 抗体医薬品とは?の図

ばいおまなぶ先生

がん細胞などの特定の細胞だけをねらい撃ちするなど、さまざまなタイプの抗体医薬品があるのじゃ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

抗体医薬品とは?の動画を再生します

用語解説

抗体医薬品(こうたいいやくひん)
抗体を利用した医薬品のことです。
よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ