中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > モノクローナル抗体とは?

モノクローナル抗体とは?

未来ちゃん

Qモノクローナル抗体ってなあに?

ゲノム君1号

A現在、抗体医薬品では、モノクローナル抗体が注目されています。
まず、ヒトの体内のウイルス感染細胞や、がん細胞などの異物に対して、免疫細胞のB細胞がこれらの異物(抗原)をやっつけるため、目印に結合する抗体を作ります。
たとえば、ほとんどのがん細胞は他の正常な細胞にはない特定の目印を持っています。 「もし、その特定の目印だけに結合してやっつけることができる抗体を大量に作ることができれば、医薬品として期待できる」という発想から生まれたのがモノクローナル抗体です。
モノクローナル抗体は、ただ1種類のB細胞が作る抗体のコピー、つまりクローンです。モノは「単一」、クローナルは「混じりっけのない集合」を意味します。

モノクローナル抗体とは?の図01

モノクローナル抗体とは?の図02 モノクローナル抗体とは?の図02

モノクローナル抗体とは?の図03 モノクローナル抗体とは?の図03

ばいおまなぶ先生

モノクローナル抗体は、それぞれのB細胞が異物についている目印に対して、1種類の抗体を作るという特徴を利用した抗体なのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

モノクローナル抗体とは?の動画を再生します

よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ