中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > モノクローナル抗体の作り方とは?

モノクローナル抗体の作り方とは?

未来ちゃん

Qモノクローナル抗体ってどうやって作るの?

ゲノム君1号

A一般的にモノクローナル抗体は、抗体を作り出すB細胞と、無限に増え続ける能力を持った特殊な細胞(ミエローマ細胞)を融合した細胞(ハイブリドーマ)から作られます。
がん細胞を例にあげると、もし、「がん細胞の特定の目印に結合するモノクローナル抗体だけを大量に作ることができれば、がん細胞だけをやっつけることができる抗体医薬品を作ることができる」と考えられました。しかし、B細胞には寿命があるため、1種類のモノクローナル抗体を大量に作り出すのは困難でした。
そこで、「無限に増え続ける能力を持つ細胞の性質を、B細胞に持たせることはできないか」と考え、B細胞と無限に増え続ける能力を持つ細胞を融合させた細胞を作ることに成功し、モノクローナル抗体を大量に作ることができるようになりました。

融合細胞を用いたモノクローナル抗体の作り方の図 融合細胞を用いたモノクローナル抗体の作り方の図

ばいおまなぶ先生

この技術によって、新しい薬の研究や開発を進めることができたのじゃ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

モノクローナル抗体の作り方とは?の動画を再生します

用語解説

ミエローマ細胞(みえろーまさいぼう)
がん細胞の一種で、無限に増え続ける性質を持つ細胞です。
ハイブリドーマ(はいぶりどーま)
2種類の異なる細胞を人工的に融合させて作られた細胞のことです。
よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ