中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > モノクローナル抗体を使った抗体医薬品とは?

モノクローナル抗体を使った抗体医薬品とは?

未来ちゃん

Qモノクローナル抗体を使った抗体医薬品ってたとえばどんなものがあるの?

ゲノム君1号

Aでは、抗体医薬品の1つを紹介しましょう。
乳がんなどのがん細胞の外側の膜には「 HER2 」という目印があります。この目印に結合する抗体医薬品は、がん細胞に送られる「増える」という信号をブロックして、がん細胞が異常に増えるのを抑える働きをします。
また、直接がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やマクロファージなどが、より強く作用するように働きます。
この抗体医薬品は、「HER2」という目印がたくさん出ているタイプの乳がんに有効です。

モノクローナル抗体を使った抗体医薬品の図01

モノクローナル抗体を使った抗体医薬品の図02 モノクローナル抗体を使った抗体医薬品の図02

ばいおまなぶ先生

この薬の登場によって、乳がんの治療は大きく発展したのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

抗体医薬品1の動画を再生します

用語解説

HER2(はーつー)
乳がんなどの細胞の外側の膜にある目印で、細胞の核にがん細胞の増殖を促す信号を送っています。
ナチュラルキラー細胞(なちゅらるきらーさいぼう)
がん細胞やウイルスに感染した細胞に対して、傷害活性を発揮するリンパ系の細胞です。
マクロファージ(まくろふぁーじ)
白血球の1つ。免疫システムの一部を担う細胞で、生体内に侵入した細菌、ウイルス、または死んだ細胞を捕食して消化します。大食細胞、貪食細胞とも言われます。
よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ