中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかる抗体医薬品 > 日本で開発された抗体医薬品とは?

日本で開発された抗体医薬品とは?

未来ちゃん

Q日本で開発された抗体医薬品ってどんなものがあるの?

ゲノム君1号

Aでは、インターロイキン6 (IL-6)レセプターという目印に結合する抗体医薬品を紹介しましょう。
関節リウマチ患者さんの体内には、大量のIL-6という物質が作り出され、関節のこわばり、痛み、はれなどの症状を引き起こしています。
この抗体医薬品は、細胞の外側の膜、あるいは細胞の外側(体液中)の「IL-6レセプター」という目印に結合することでIL-6の細胞の核内へ伝える信号をブロックし、関節リウマチの症状を改善します。

IL-6の信号伝達の図

ばいおまなぶ先生

この抗体医薬品によって、関節リウマチの症状である、関節のこわばり、痛み、はれが改善するのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

日本で開発された抗体医薬品とは?の動画を再生します

用語解説

IL‐6(あいえるしっくす、いんたーろいきんしっくす)
マクロファージ、T細胞、B細胞、肥満細胞などさまざまな細胞から産生され、炎症反応、造血、免疫反応において重要な役割を担っているサイトカインです。関節リウマチなどの自己免疫疾患、キャッスルマン病などの発症に関与することが知られています。
IL‐6レセプター(あいえるしっくすれせぷたー、いんたーろいきんしっくすれせぷたー)
IL-6に結合するレセプターです。
よくわかる抗体医薬品 PDF版をダウンロード
お問合せ

文字サイズ