中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかるバイオ・ゲノム > iPS細胞とは?

iPS細胞とは?

未来ちゃん

Q最近話題のiPS細胞ってどんな細胞なの?

ゲノム君1号

AiPS細胞とは、細胞を培養して人工的に作られた多能性の幹細胞のことです。
2006年8月に京都大学の山中伸弥教授らは世界で初めてiPS細胞の作製に成功し、2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞しました。山中教授らは、皮膚などに分化した細胞にある遺伝子を組み込むことで、あらゆる生体組織に成長できる万能な細胞を作ることに成功したのです。
これは、成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化する、つまり細胞の時間を巻き戻すような画期的な発見であり、今後の再生医療や創薬研究に役立つことが期待されています。

iPS細胞のつくりかたの図 iPS細胞のつくりかたの図

ばいおまなぶ先生

iPS細胞の研究が進むと、将来、神経細胞や肝臓など、さまざまな組織や臓器の再生ができる可能性があるのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する
お問合せ

文字サイズ