中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかるバイオ・ゲノム > iPS細胞を使った医療とは?

iPS細胞を使った医療とは?

未来ちゃん

QiPS細胞は、どのように医療に応用されていくの?

ゲノム君1号

AiPS細胞が応用される場面は、再生医療・病気の原因究明・新薬の開発などがあります。
たとえば、目の組織の一部である角膜を再生することで視力が回復したり網膜を再生することで加齢黄斑変性の治療に応用できる可能性があり、研究中です。
現在、実験室レベルでiPS細胞から血液の成分である血小板を作ることができるようになっており、赤血球や白血球を作ることも可能になりつつあります。これらの血液成分をたくさん作ることができれば、将来的には、輸血やそのための献血をしなくてもよくなる可能性があります。

iPS細胞の活用範囲の図

ばいおまなぶ先生

iPS細胞はさまざまな分野で応用される可能性があるのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する
お問合せ

文字サイズ