中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

読み上げ

ホーム > バイオのはなし > よくわかるバイオ・ゲノム > ゲノム解析の将来とは?

ゲノム解析の将来とは?

未来ちゃん

Qゲノム解析すると、どんないいことがあるのかな?

ゲノム君1号

A今までの治療は不特定多数の患者さんを対象としていましたが、ゲノムを細かく調べることで、その患者さんの体質や病気の特性に合わせた治療が行えるようになります。そのため副作用が少なく、最も効果が期待できる治療が可能になります。たとえば、あらかじめ遺伝子診断を行うことで病気の予防ができるようにもなります。

ゲノム解析の応用による今後の発展の図

ばいおまなぶ先生

ゲノム情報を応用した新しい時代には、病気の診断と予防、治療に革命的進歩がもたらされる可能性があるのじゃよ。

  • 戻る
  • 本文を印刷する

用語解説

遺伝子診断(いでんししんだん)
患者さんの血液などを採取して、病気の遺伝子を持つかどうかDNAを調べて病気の発症率を診断することです。
お問合せ

文字サイズ