中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

医療用医薬品と一般用医薬品

医療用医薬品

医療用医薬品は病院や診療所などで、医師が診断した上で発行する処方せんに基づいて、薬剤師が調剤して渡される薬です。処方薬とも言われます。

医師が診断した上で発行する処方せんに基づいて、薬剤師が調剤して渡される薬

処方薬(医療用医薬品)は医療従事者の指示に基づいて使われますので、効果の高いものが多い半面、副作用にも注意が必要です。

しかし、医師は診断した上で処方を出し、それぞれの患者さんの症状や体質に合った的確な薬が選ばれていますので、医師や薬剤師の指示を守って使えば大きな心配はいりません。

◆「服薬指導」について
薬剤師は医師の処方せんをもとに、薬を正しく調剤して患者さんに渡します。この時にただ渡すだけではなく、薬の正しい使用法に関する情報も併せて説明します。これを「服薬指導」といいます。 薬剤師が提供する情報は、薬の使用時間・使用回数や使用量などの基本的な情報をはじめ、保管方法、注意したい副作用や飲み合わせなどがあります。また、薬を飲むと尿の色がかわるような場合は、患者さんに不安を与えないように事前にきちんと説明します。薬が変更になったり、新しい薬が追加された場合にもかならず説明をおこないます。 服薬指導では、薬剤師が患者さんからの質問や疑問点に応えながら、コミュニケーションをはかることも大切な役割になっています。薬剤師が聞いた患者さんの声は、医師に伝えられて記録・保管されることで、今後のより良い治療に活かされます。このように薬は、正しい情報と組み合わされることで初めて「くすり」と呼べるのです。
参考:日本製薬工業協会『くすりの情報Q&A55』

薬の正しい使用法に関する情報も併せて説明

一般用医薬品

薬局や薬店で、自分で選ぶことができ、だれでも買うことができる薬は市販薬、大衆薬、OTC医薬品などといわれ、正式には一般用医薬品と呼ばれています。OTCとはOver The Counterの略で、薬局のレジのカウンター越しに買える薬という意味です。

OTCとはOver The Counterの略で、薬局のレジのカウンター越しに買える薬

市販薬(一般用医薬品)は症状、年齢、体質などのさまざまな人が使用するということや、患者さん自身の判断で使用することを考え、安全性が重視されています。

また、かぜ薬のように、できるだけ多くの症状に対応するために複数の成分が含まれていることも特徴です。安全性を重視するため、薬の有効成分の含有量を少なくしてあることが多く、効き目が抑えめであるため、初期の段階には適していますが、症状が進行した段階では適していません。そのような時は早めの受診をおすすめします。

一般用医薬品の販売方法の変更

薬事法の改正により2009年度から、一般用医薬品の販売方法がそのリスクの程度に応じて、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3つのグループに分類され、分類によって販売方法を変えることになりました。この分類は、言いかえると薬に対する情報の必要度の高さを示す分類ともいえます。

第1類医薬品 :薬剤師による情報提供が義務づけられている薬で、薬剤師の管理・指導の下でのみ販売や受け渡しが可能な医薬品です。(例:H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪用薬など)

第2類医薬品 :薬剤師又は登録販売者が常駐する店舗のみで販売や受け渡しが可能で、情報提供は努力義務とされる医薬品です。(例:主なかぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛薬など)

第3類医薬品 :リスクの程度は一番低く、購入者から直接希望がない限り、商品説明に際して法的制限をうけず、唯一通信販売が可能な医薬品です。(例:ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸剤、消化薬など)

第2類と第3類の医薬品は、薬剤師だけでなく所定の試験に合格した登録販売者が販売可能なため、医薬品の店舗販売業の許可を得たスーパーやコンビニエンスストアでも販売されています。

医療用医薬品と一般医薬品の違い

【医療用医薬品と一般用医薬品の違い】

  • 医療用医薬品 医師が患者さんの症状に合わせて、効き目の強いものを的確に処方する
  • 一般用医薬品 一般の人がみずから使用するため、安全に配慮し、効き目は抑えめになっている

【一般用医薬品におけるリスク分類】

  • 第1類医薬品:リスクが特に高いもの
  • 第2類医薬品:リスクが比較的高いもの
  • 第3類医薬品:リスクが比較的低いもの

スイッチOTC医薬品

処方薬(医療用医薬品)として長い間使用され、安全性が十分に確認された薬の中には、市販薬(一般用医薬品)として販売が可能になったものもあります。これはスイッチOTC医薬品と呼ばれています。

スイッチOTC医薬品は処方薬の中でも、薬の作用が比較的穏やかで副作用が少ないもの、病気や症状について自己判断しやすいもの、使用法などが一般の人にもわかりやすいものであることが条件とされています。

しかしながら、もとは処方薬であった効き目の強い薬ですから、使い方や効果など薬のことをよく理解した上で使うことが大切です。市販薬にはこのような薬もあることから、購入する時はできるだけ薬剤師と相談して自分に合った薬を選びましょう。

処方薬(医療用医薬品)と
市販薬(一般用医薬品)の併用

処方薬の使用中に市販薬を使いたい場合、あるいはその反対の場合も必ず医師・薬剤師に相談しましょう。併用することで薬の効き目が弱くなったり、強くなりすぎたりなど、思わぬ副作用が現れることもありますから注意が必要です。

【関連ページ】
医師・薬剤師・看護師の役割

からだとくすりのはなしTOPページへ戻る

監修:
慶應義塾大学 薬学部 医薬品情報学講座
教授 望月 眞弓先生
お問合せ

文字サイズ