中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

胆のう

胆のう

【ページ内目次】
胆のうについて
胆のうが病気になると・・・

胆のうについて

赤い矢印▶カーソルを合わせると絵がかわります

胆(たん)のうは、肝臓(かんぞう)で作った胆汁(たんじゅう)を
溜(た)めておく保管庫であり、
溜肝臓、すい臓、十二指腸と管でつながっているんじゃ。

小さな袋(ふくろ)状のかたちをしているんだね〜。

胆のうとは

胆のうは、胆嚢(たんのう)と書きます。肝臓(かんぞう)で作られた胆汁(たんじゅう)を溜(た)めておくはたらきをしています。胆のうは、肝臓と十二指腸をつなぐ管の途中にあり、西洋梨(なし)のような形をしています。 長さは10cm、幅は4cm程度で、50〜60mlの胆汁を貯えることができます。

洋梨

Q : 胆汁(たんじゅう)ってどんな液体なの?

脂肪(しぼう)を消化するために
必要な緑色の液のことじゃ。

胆汁に含まれる成分

胆汁に含まれる成分

胆のうに胆汁が溜(た)まると成分が濃縮(のうしゅく)されるんだって〜。

胆汁とは

胆汁は脂肪(しぼう)を消化するために必要な液体で、肝臓(かんぞう)で1日に1リットルほど作られています。胆汁の成分は、ビリルビリンという黄色っぽい色素、コレステロール、胆汁酸塩などですが、およそ90パーセントは水分です。胆のうに溜(た)められている間に水分が吸いとられ、5〜10倍に濃縮(のうしゅく)されます。

Q : 胆汁(たんじゅう)はどのように流れているの?

胆汁は、食事のあとに、
胆のうから十二指腸へ送り出されるんじゃ。

胆汁はどのように流れているの

胆汁はどのように流れているの

胆のうは胆汁の一時的な保管庫なんだね〜。

胆汁の流れ

肝臓で作られた胆汁は、食事をしていない時に肝臓から出て総肝管(そうかんかん)を通り、胆のうに入ります。胆のうでは濃縮(のうしゅく)され、一時的に貯えられます。体内に取り入れた食べ物が十二指腸に到着すると、胆のうは筋肉を収縮させて胆汁を押(お)し出します。そして総胆管を通り、胆汁は十二指腸に注がれます。

このような胆汁の流れる通り道は胆道(たんどう)と呼ばれています。

胆汁

胆のうが病気になると・・・

Q : 胆(たん)のうの病気ってなに?

胆石(たんせき)じゃな。
脂肪(しぼう)の取り過ぎにより、コレステロールが固まり、
石のようになって胆のうに溜(た)まってしまうんじゃ。

胆のうが病気になると

胆のうが病気になると

ひゃ〜!脂肪(しぼう)のとりすぎでからだの中に石ができるなんて〜。
偏(かたよ)った食事は良くないのね。

胆石症(たんせきしょう)とは

【どんな病気?】
胆石症とは、胆道(たんどう)のどこかで胆汁(たんじゅう)の成分が固まって結石(けっせき)ができる病気です。

胆石ができる場所は胆のうが一番多く、「胆のう結石」といいます。 ほかにも胆石ができる場所によって、「総胆管結石(そうたんかん・けっせき)」「肝内結石(かんない・けっせき)」といいます。

胆石によって腹痛や発熱などの症状(しょうじょう)があらわれる病気を「胆のう炎(えん)」といいます。

日本では、食生活の変化と高齢化により、胆石症が増えています。 日本の総人口の10〜15パーセントが胆石を持っているといわれています。

>胆石症(たんせきしょう)とは

【原因は?】
原因はさまざまですが、主に脂質(ししつ)のとりすぎや、細菌に感染することがあげられます。 食事のときに脂質をとりすぎると胆汁のなかでコレステロールが固まり、少しずつ大きくなり結石(けっせき)になります。 また、胆のうや総胆管が細菌に感染すると、胆汁のなかの色素が変化して結石になりやすくなります。
原因
【治療(ちりょう)するには?】
胆石の大きさや位置によって治療法が違います。痛みがない場合には飲み薬で石を溶(と)かします。痛みが激しい場合はまず痛みを抑(おさ)える薬を使います。胆石を取り出すには、からだの外から衝撃波(しょうげきは)で圧力をかけて石を砕(くだ)くか、手術で取り除きます。
治療

>胆石症(たんせきしょう)とは

からだとくすりのはなしTOPページへ戻る

お問合せ

文字サイズ