スクロールして旅に出よう

個別化医療とは

個別化医療について、わかりやすく紹介します。未来ちゃん、ワカル先生と一緒に楽しく学んでいきましょう。

動画を再生する

個別化医療のあゆみ

動画を再生する

  • もっと詳しく見てみよう
  • 中外製薬社員インタビュー

個別化医療のあゆみ

動画を再生する

  • 中外製薬社員インタビュー

活用されている病気

  • 中外製薬社員インタビュー

活用されている病気

  • RDKK社員インタビュー
  • 取り組みについてくわしく見てみよう

個別化医療のあゆみ

  • 中外製薬社員インタビュー

用語集 個別化医療に関連する用語を解説します。

  • 個別化医療
    治療薬投与前に、コンパニオン診断薬を用いて、グループ分けを行い、患者さんそれぞれに合った治療を行うことです。
  • PHC
    Personalised Healthcareの略称で、個別化医療と同じ意味の言葉です。
  • コンパニオン診断薬
    治療薬にともなって(=コンパニオン)、使用する診断薬のことです。治療薬の効果や副作用を予測することができます。
  • 抗原

    異物の表面にある抗体が結合するときの目印になるタンパク質です。

  • 抗体
    特定の異物(抗原)に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子です。抗体は免疫グロブリンというタンパク質です。異物が体内に入ると、B細胞はその異物と特異的に結合する抗体を作り、異物を排除するように働きます。
  • 抗体医薬品

    特定の細胞や組織(物質や分子)にだけ効果がある抗体を利用した医薬品のことです。

  • 分子標的薬
    病気のメカニズムを解明し、そこに関わる特定の分子を標的として開発された薬のことです。
  • HER2
    乳がんなどの細胞の外側にある目印で、細胞の核にがん細胞の増殖を促す信号を送っています。
  • バイオマーカー
    生体内の生物学的変化を定量的に把握するため、生体情報を数値化・定量化した指標のことです。