動画を再生する

個別化医療では、治療薬を投与する前に診断薬を使った検査を行います。検査の結果に基づいて、薬剤の効果が高く、体への負担や副作用が少ない患者さんに治療薬を投与します。この検査で使用するのが、コンパニオン診断薬です。コンパニオンとは治療薬に「ともなう」という意味で、病気を特定するために使う診断薬とは目的が異なります。詳しくは動画をご覧ください。