個別化医療推進チーム統轄 高梨 契典さん

臨個別化医療の未来を見据え、スムーズな開発を目指します

どのようなお仕事をしていますか?

個別化医療に使用する薬を開発するときには、その薬がよく効く患者さんを見極めるための専用の診断薬も一緒に開発する必要があります。診断薬の開発は世界的にもトップクラスに位置する私たちのグループ企業(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)が中心に担当しますので、私たち個別化医療チームは、治療薬と診断薬の同時開発がスムーズに進むよう計画・管理するのが主な仕事です。互いの開発協力によって、よりスピーディーに新しい薬を開発・臨床現場に届けられるよう尽力したいと考えています。

個別化医療推進チーム統轄 高梨 契典さん

臨個別化医療の未来を見据え、スムーズな開発を目指します

個別化医療は今後、どのような位置づけになっていくとお考えですか?

私たちが個別化医療のための薬を開発しながら実感していることは、今までの治療薬では効果がいまひとつであった患者さん、一人ひとりに、より適した薬を提供できることです。その患者さんにとって、効果が高いだけでなく副作用の少ない薬を選択できることが大きなメリットです。現時点では、がんなどの一部の病気のみですが、今後は個別化医療が可能な病気が増え、やがては個別化医療が当たり前の世の中になっていくことでしょう。また、マルチプレックスと呼ばれる診断技術を使うことで、1回の検査で、患者さんに適した何種類かの薬を選択できる可能性もあります。そうした新しい時代を目前にし、私たちは個別化医療のリーディングカンパニーとして、この技術を推進・普及していく使命を担っていると考えています。