中外製薬企業情報ホームへ

中外製薬企業情報ホームへ

働く人たちインタビュー

くすり研究所ではどんな人が働いているのかな?
お話を伺ってみたいと思います。 くすりのタネを探す人
タネをさがす(がんのくすり) 堺谷 政弘さん
「自分が病気になった時に飲みたいと思うくすりをつくりたい。」
タネをさがす(関節・骨のくすり) 島岡 伸さん
「困っている人を助けたい。情熱をもって取り組んでいます。」
タネの候補をしぼる 青木 雅弘さん
「くすりをつくって社会に貢献したい。」
タネの順位をつける 加藤 基浩さん
「市販後のこともイメージしながら解析をしています。」
くすりのタネを育てる人
タネを改良する(骨粗しょう症のくすり) 一色 義明さん
「チームで力をあわせれば1+1が5にもなる。」
薬効の試験(がんのくすり) 原田 直樹さん
「がんのくすりをつくるのが小さい頃からの夢です。」
薬効の試験(バイオ・抗体)北沢 剛久さん
「チームワークを有効にするのもマネジャーの仕事です。」
安全性の試験 千葉 修一さん
「普通は気にならないところまで注意を向けるようにしています。」
物性の試験 肥後 正一さん
「溶かすということが重要。毎日が感動です。」
くすりを仕上げる人
つくり方を決める 田熊 晋也さん
「チームの力が壁を乗り越える突破口になる。」
評価をする 板倉 正尚さん
「患者さんたちが元気になる日が近づくために。」
最適な形にする 大久保 征治さん
「患者さんの笑顔につながることが原動力です。」
全体のコーディネーション 石井 公恵さん
「研究者たちが安心して研究に取り組むために。」

※くすりのタネを探す人と育てる人は研究者によっては重複する場合もあります。

  • 本文を印刷する
くすりのはなしTOPへ戻る
  • くすりのタネを探す
  • 病気の調査
  • 候補をしぼる
  • 順位をつける
  • くすりのタネを育てる
  • 薬効薬理試験
  • 安全性試験
  • 物性試験
  • 薬物動態試験
  • くすりとして仕上げる
  • つくり方を決める
  • 評価をする
  • 最適な形にする
お問合せ